第89回選抜高校野球大会に出場するため、大阪入りしている高知県四万十市の中村高校の選手3人がインフルエンザに感染していることが3月16日分かった。微熱などの症状があり、16日の割り当て練習には参加せず、宿舎で静養した。

 19日に行われる開会式への参加は懸念されるものの、20日の前橋育英(群馬)との試合は出場できる見通し。

 中村高校の横山真哉監督によると、いずれも新3年で、レギュラー1人を含む3選手。3人は少し前から体調を崩しており、診察で陽性だったことが判明した。いずれも予防接種を受けていたという。

 18日午前に行われる開会式のリハーサルには欠席し、開会式は今後の状況を見て判断...    
<記事全文を読む>