第89回選抜高校野球大会は大会史上最も早い3月19日に甲子園球場で開幕する。優勝候補に挙げられる日大三(東京)と履正社(大阪)、早稲田実業(東京)と明徳義塾(高知)がいきなり激突。難敵を下すことで、一気に勢いは加速するだろう。

 明徳と早実は甲子園常連校同士だが、これまで全国大会での対戦はない。明徳・馬淵、早実・和泉の両監督によると、過去に練習試合も一度もしていないという。

 「向こうは横綱、こっちは前頭の下の方ですから」。強豪や注目校との対戦の前には、決まってこうコメントする馬淵監督。ただ、試合は大会5日目で、雨天順延がなくても23日。時間がたっぷりあるのは「情報戦」を得意とする明...    
<記事全文を読む>