明徳義塾野球の最大の武器は、やはり守り。馬淵史郎監督は「本当は打って勝つチームをつくりたいんや」と話すが、選手らに言わせれば「やっぱ、守備っす」。40年間積み重ねた「堅守の明徳」は覆らない。

 内外野それぞれ1人ずつ、中心になる選手に聞いてみることにする。まずは内野の要、遊撃手の今井涼介から。大阪府出身の2年生で、旧チームからレギュラーを張る。

 今井は明徳に入学するまで、正面のゴロに真っすぐグラブを出さず、グラブの親指側を内側に傾けて捕る癖があった。ボールがグラブの土手に当たり、こぼれそうになることが時々あり、そのままでは速い打球に対応できないと、猛練習で癖を直した結果、今の地位...    
<記事全文を読む>