春季四国地区高校野球県大会(四国新聞社後援)第4日は22日、高松市生島町のレクザムスタジアムなど2会場で2回戦4試合を行った。高松北は1―1の九回に3点を勝ち越し、四学香川西を4―1で退けた。今大会初の延長戦となった高松桜井―高瀬は、十回に高松桜井が押し出し四球で5―4でサヨナラ勝ちした。丸亀城西は中盤に得点を重ねて5―2で高松工を下した。高松中央は10安打で12点を挙げ、高松東に12―5で八回コールド勝ちした。大会第5日は23日、同スタジアムと丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀で2回戦の残り4試合を行い、16強が出そろう。22日の戦績 ▽2回戦高松...    
<記事全文を読む>