高校野球の第70回徳島県春季大会が19日、アグリあなんスタジアムで開幕し、1回戦3試合が行われた。2連覇を狙う鳴門は10-0で徳島市立を六回コールド、名西は15-0で吉野川を五回コールド、海部は8-1で阿南高専を七回コールドでそれぞれ下した。第2日の20日は鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで1回戦6試合が行われる。【写真説明】鳴門対徳島市立 鳴門1回表、無死一塁、1点先制後、冨士の中前打で一、二塁と好機を広げる=アグリあなんスタジアム

...    
<記事全文を読む>