第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、春夏通じて初の甲子園出場となる呉(広島)は第1日(19日)の開幕試合で至学館(愛知)と対戦することが決まった。他の中国地方勢は、2年ぶり3度目の宇部鴻城(山口)が第6日(24日)第1試合で大阪桐蔭と、2年連続3度目の創志学園(岡山)は第3日(21日)第1試合で福岡大大濠と顔を合わせる。

...    
<記事全文を読む>