第89回選抜高校野球大会第3日は22日、甲子園球場で1回戦を行い、2年連続3度目出場の創志学園(岡山)は第1試合で26年ぶり4度目出場の福岡大大濠に3―6で敗れ、2年連続の初戦突破はならなかった。

 創志学園は左腕秋山が先発した。二回に福岡大大濠の8番樺嶋に先制の2点本塁打を浴びると、三回は2死一、二塁から右越え三塁打で2点を失い、リードを広げられた。さらに四回、この回からマウンドに上がったエース難波が樺嶋に2打席連続となる本塁打を許し、0―5と突き放された。

 相手右腕三浦に5回まで3安打に抑えられていた打線は六回に反撃。先頭の難波の右中間二塁打を足場に2死二、三塁とし、金山が中...    
<記事全文を読む>