第89回選抜高校野球大会(19日開幕)に2年連続3度目出場の創志学園は16日、甲子園練習に臨み、福岡大大濠との1回戦(第3日第1試合=21日午前9時開始予定)に向け、聖地の感触を確かめた。

 選手たちは山本主将の「いくぞ」の掛け声で一斉にグラウンドに飛び出した。割り当ての30分間の前半はノックとバント処理に充て、内野手はゴロの弾み具合、外野手は甲子園特有の浜風などを確認した。後半はシート打撃に励み、難波や金山らが柵越えを披露し「昨秋に比べて確実に打力が付いた。打てる感覚が今はある」と金山。

 大黒柱の難波は投球練習も行い「マウンドからの景色はやっぱり良い。いつも通りに打たせて取りた...    
<記事全文を読む>