第89回選抜高校野球大会(19日開幕)に2年連続3度目出場する創志学園は8日、兵庫県西宮市の津門野球場で今年初の練習試合を行い、市西宮(兵庫)を4―1で下した。

 先発したエース難波は、7安打を浴びながら5回を1失点と持ち前の粘り強さを発揮した。初めて得点圏に走者を背負った四回2死三塁は「狙ったコースを突けた」と内角直球で三ゴロに。この日はカーブやスプリットなど4種類の変化球を投げ、けん制で一塁走者を3度刺した。難波は「落ち着いて試合をつくれた。まだ70%の状態なのでここから調子を上げる」と振り返った。

 打線は計8安打で、3番に座った小林が一回の先制打を含む2安打3打点の活躍。1...    
<記事全文を読む>