智弁学園は盛岡大付のエース三浦瑞を打ちあぐね、わずか4安打。最終回に1点を返すのが、やっとだった。

 5点を追う智弁学園は九回、先頭の福元が中前打で出塁。続く加堂が四球を選んだあと、西岡の内野安打で無死満塁のチャンスをつかんだ。1死後、代打高塚の遊撃へのゴロが併殺崩れとなり、福元が生還し1点を返したが、反撃もここまでだった

...    
<記事全文を読む>