第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、県勢の熊本工(10年ぶり21度目)と秀岳館(2年連続3度目)は1回戦でいずれも奈良県勢と対戦することが決まった。

 熊本工は大会初日の第3試合(15時半開始予定)で大会連覇を目指す智弁学園と、秀岳館は大会第4日(22日)の第2試合(11時半開始予定)で高田商とぶつかる。

 抽選は例年と同じく、同一地区の出場校は準々決勝まで、同一府県から2校出場するチーム同士は、決勝まで対戦しないように振り分けられた。

 智弁学園は2年連続11度目の出場で、公式戦平均9・...    
<記事全文を読む>