自責点0、2桁奪三振でも勝てなかった。「(九回の)先頭打者を四球で出してしまったことに悔いが残る」。神戸国際大付のエース黒田は、決勝点を許したバックを責めなかった。

 立ち上がりに無死一、三塁とされたが、続く3番を三振、4番を併殺に仕留めて危機を脱出。「初回を抑えられたことで尻上がりに調子がよくなった」と、その後はスライダー、チェンジアップを低めに集め、要所では三振を奪ってリズムに乗った。

...    
<記事全文を読む>