高校野球などで多くの球児が熱戦を繰り広げる「明石トーカロ球場」(兵庫県明石市明石公園)のスタンドにこのほど、車いす用の観覧席が完成した。一部の座席を撤去してスロープや手すりを設けており、県は「観客の視点に立って、愛される球場を目指す」としている。

 同球場にはこれまで車いす用の観覧席はなく、観客が集まる試合の際には、簡易的にスペースを区切っていた。改修工事は昨年12月から始まり、スタンド下の審判室や記録室などの拡張工事も合わせて実施した。

...    
<記事全文を読む>