第89回選抜高校野球大会(19日開幕・甲子園)を前に、出場32校の主将による座談会「キャプテントーク」が9日、大阪市内であり、兵庫から神戸国際大付の田淵友二郎主将と報徳の岡本蒼主将が参加した。

 ユニークな練習法を紹介したり、他校に強さの秘訣(ひけつ)を質問したりし、田淵主将はチーム本塁打数トップの日大三(東京)に「ホームランの打ち方を教えてほしい」と聞き、会場の笑いを誘った。岡本主将は、後出しじゃんけんでわざと負ける遊びで「逆転の発想を鍛えている」と明かした。

 注目が集まる早実の清宮幸太郎主将は「ラグビーが好きで、試合前の気合の入れ方を参考にしている」と話した。優勝候補には、3...    
<記事全文を読む>