第89回選抜高校野球大会第10日は29日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝が行われ、本県の盛岡大付(4年ぶり4度目)は履正社(大阪、3年ぶり7度目)に1―8で敗れ、甲子園4強入りはならなかった。

 盛岡大付は七回裏、植田のチーム初安打となる本塁打で1点を返したものの、打線が続かなかった。

...    
<記事全文を読む>