第89回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟など主催)は第6日の25日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦1試合と2回戦2試合があった。2年ぶり3回目の出場の宇部鴻城は第1試合の1回戦で大阪桐蔭に0-11で敗れ、センバツ初勝利を逃した。

 宇部鴻城は投手の制球が定まらず、初回に先制を許して、さらに点差を広げられた。攻撃も2安打の荒武悠大選手以外は無安打に抑え込まれ、得点を奪うことができなかった。尾崎公彦監督は「攻守とも全国に通用する力ではなかった。甘えをなくし、夏を見据えて鍛え直したい」と語った。

 アルプススタンドでは、宇部市からバスで駆け付けた同校の生徒や父母、関係者らが選手た...    
<記事全文を読む>