第89回選抜高校野球大会第6日は25日、甲子園球場で3試合が行われ、呉(広島)は履正社(大阪)に0―1で敗れ、準々決勝進出はならなかった。履正社と盛岡大付(岩手)が8強入りし、大阪桐蔭は2回戦に進んだ。

 呉はエース池田が6安打1失点と好投したが、打線が履正社の右腕竹田に2安打に抑え込まれた。

 盛岡大付は昨春王者の智弁学園(奈良)に5―1で快勝し、春夏通じて初のベスト8。六回に先制すると七、八回にも打線がつながり、先発の三浦瑞が反撃を九回の1点に抑えた。

 大阪桐蔭は11―0で宇部鴻城(山口)に大勝した。一回に5点を先制し、その後も山田の2ランなどで加点した。

 ▽2回戦呉00000...    
<記事全文を読む>