【大阪支社】第89回選抜高校野球大会第6日は25日、甲子園球場で1、2回戦3試合が行われ、盛岡大付(4年ぶり4度目)は2回戦で前回覇者の智弁学園(奈良、2年連続11度目)に5-1で快勝し、春夏通じて初のベスト8に進んだ。

 盛岡大付は六回、林一樹(3年)、大里昂生(3年)の連続二塁打で先制。七回は林の中前2点適時打などで3点を加えた。八回も打線がつながり3連打で5点目を奪い、智弁学園の松本竜也(3年)を攻略した。1回戦に続き先発した左腕三浦瑞樹(3年)は反撃を九回の1点に抑え、被安打4、8奪三振で完投した。

 県勢のセンバツ8強入りは第81回大会(2009年)で準優勝した花巻東以来...    
<記事全文を読む>