19日から12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)、甲子園で第89回選抜高校野球大会が開催される。徳島県勢は3年連続で出場を逃したが、神戸国際大付、大阪桐蔭、創志学園(岡山)、明徳義塾(高知)の強豪4校に進学してベンチ入りを勝ち取った県出身選手4人が聖地の土を踏む。

 大阪桐蔭3年の香川麗爾投手(17)=徳島市出身、175センチ、77キロ、右投げ右打ち、北井上中出身。中学時代は神戸市の神戸中央シニアでプレーした。上手投げで、冬場の練習ではフォーム改造に取り組んだ。直球は最速146キロを誇り、カーブ、スプリットも操る。試合ではリリーフが多い。

 創志学園2年の宮崎竜成二塁手(16)=北...    
<記事全文を読む>