19日に甲子園球場で開幕する第89回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が10日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。昨秋の中国地区大会を制し2年ぶり3回目の選抜出場を決めた宇部鴻城は大会6日目の第1試合で、大阪桐蔭と対戦することが決まった。日程が順調にいけば24日の試合となる。

 同じ地区の出場校は準々決勝まで、同じ都道府県の出場校は決勝まで当たらないよう、ブロック分け抽選後に本抽選を行った。宇部鴻城は嶋谷将平主将が31番を引き、既に32番を引いていた大阪桐蔭との対戦が決まった。

 大阪桐蔭はこれまで選抜で1度、選手権で4度優勝した強豪校。WBC日本代表の中田翔内野手(...    
<記事全文を読む>