巧みなリードで乗り切った。滋賀学園の後藤克基捕手(三年)は、公式戦初先発の宮城滝太投手(二年)とリリーフした棚原孝太投手(三年)の持ち味を引き出し、相手打線をわずか1点に抑えた。

 最初のピンチは三回表の無死満塁。マウンドに立つ宮城投手自慢の伸びる直球を信じた。変化球を見せ球に直球を求め、四、五番の中軸を打ち取った。いずれも投手へのゴロで、1死からは併殺に仕留めた。

 1-1の同点で迎えた八回表。1死一、二塁のピンチで登板した棚原投手には、四種類ある得意の変化球を要求した。五番打者を遊ゴロ併殺に終わらせ、大濠の監督に「的を絞りきれなかった」と言わしめた。

 心掛けているのは、投手の状...    
<記事全文を読む>