◆滋賀学園1-1福岡大大濠 2試合連続の延長戦に粘って、粘って、粘り抜いた-。選抜高校野球大会は大会7日目の26日、2回戦を迎えた滋賀学園は福岡大大濠(福岡)と1-1(延長15回)で引き分けた。互いに好機をつくっては逃し合う2時間49分の攻防に、2万5000人の観衆が沸いた。再試合は28日の第1試合。2年連続のベスト8を狙って再び激突する。◆あと1点、願い届け 最初に沸いたのは三塁側の滋賀学園スタンド。一回裏、真藤司選手(三年)、小浜崚史選手(同)の連打などでつくった1死二、三塁の好機に、武井琉之(りゅうじ)選手(同)が中前へ適時打を放った。

 スタンドから歓声が上がり、野球部の...    
<記事全文を読む>