雨のため東海大市原望洋(千葉)との初戦が22日に順延となった滋賀学園は甲子園球場の室内練習場で体を動かした。山口監督は「1日遅れても(自分たちがやることに)変わりはない。モチベーションをもう一度高めて、仕切り直すだけ」と話した。

 午前11時から1時間半ほど練習し、ストレッチやキャッチボールなど軽めに調整した。ノックやティー打撃を行い、投手はブルペンで本番と同じ高さのマウンドの感触を確かめた。

...    
<記事全文を読む>