高崎健康福祉大高崎との延長十五回にわたる激闘は、福井工大福井に多くの収穫をもたらした。一度対戦した相手だけに、相手の特徴を踏まえたさまざまな対策を練っている。

 投手陣は機動力を警戒しすぎないことが重要となりそうだ。二十六日の試合で摺石達哉投手からマウンドを引き継ぎ、好投を見せた氏家拓海投手は「低めにボールを集めることも大事だが、機動力を意識しすぎると、逆に相手のペースにはまってしまう。再試合では打者に集中するよう心掛けたい」と話す。

 打撃面では相手校のエース、伊藤敦紀投手の攻略が鍵となる。主砲の山岸旭選手は「伊藤投手は外へのスライダー、チェンジアップなど良いボールを持っている...    
<記事全文を読む>