【選抜高校野球1回戦・福井工大福井6―4仙台育英】2度リードされながらも、粘り強い投球で逆転勝ちを呼び込んだ。福井工大福井のエース摺石達哉(すりいし・たつや)が8安打、4失点(自責点2)で完投し、41年ぶりの春1勝に貢献。「打たせて取れて良かった」と童顔をほころばせた。

 身長171センチの左腕。初回に4安打を浴び、2点を先制されたが、「すぐに気持ちを切り替えた」。出どころが見えにくい直球、スライダーを低めに集めた。さらに「仙台育英はインコースが苦手だと分かっていた」と強気の内角攻め。これが有効だった。

 六回、失策をきっかけに2―4とリードされ、続く七回は2死三塁で1番西巻を迎え...    
<記事全文を読む>