第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市内で行われ、北信越代表で2年連続5度目出場の福井工大福井は、仙台育英(東北・宮城)と大会第4日(22日)第1試合で対戦することが決まった。

 組み合わせ抽選では、同一地区の出場校同士は準々決勝まで、同一都府県から2校出場する岩手、群馬、東京、大阪、兵庫、奈良、高知、福岡、熊本は決勝まで対戦しないようにブロック、ゾーンを振り分けた。大会中の再抽選は行わない。

 選手宣誓は作新学院(栃木)の添田真聖主将に決まった。

 福井工大福井は14日午前10時から甲子園練習を行う。

 組み合わせは以下の通り。3月1...    
<記事全文を読む>