■20日 盛岡大付と対戦 第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園)に出場する高岡商は16日、甲子園球場で公式練習を行った。ナインはグラウンドの感触や球場特有の風などを確かめながら守備練習に力を入れた。

 高岡商の公式練習は午前9時半に開始。土合伸之輔主将の掛け声とともにナインは気合の入った声を上げてグラウンドへ駆け出した。

 ナインはキャッチボールの後、守備位置に付いてシートノックを受けた。内野手は連係の確認やバント処理に時間を割き、外野手はクッションボールの跳ね返りや風で流れるフライの練習を繰り返した。

 左翼手の扇谷悠汰は「やはり独特な風があった。センターとしっかり...    
<記事全文を読む>