選抜高校野球組み合わせ決定 第八十九回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会で十日、高岡商の初戦相手は盛岡大付(岩手)に決まった。くじを引いた土合伸之輔主将(二年)は「全国レベルのバッターと対戦できるのはいい経験になる。しっかりと準備して自分の力を出し切りたい」と力強く語った。(渡辺健太) 二〇一五年夏の甲子園に出場した先輩などから「後半の日程がいい」と助言を受けた土合主将。県大会の抽選会からそうしているように、今回も利き手の左手でくじをひいた。大会二日目の結果には「初日の第一試合は避けたかったのでよかった」と笑顔を見せた。

 盛岡大付は、昨秋の県大会と東北大会で計四本の本塁打を記録...    
<記事全文を読む>