「甲子園に連れてきてくれてありがとう」。20日、兵庫県西宮市で行われた第89回選抜高校野球大会1回戦で、21世紀枠で初出場した多治見(岐阜県多治見市)は報徳学園(兵庫)と対戦。0-21で敗れたが、スクールカラーのききょう色に染まった三塁側アルプススタンドの約4千人の大応援団は選手たちを懸命に声援し、惜しみない拍手を送り続けた。

 多治見市など東濃4市からバス約90台で駆け付けた生徒や保護者、OB、市民らで超満員のアルプスでは序盤から失点を重ねる苦しい試合展開となったが「慌てず落ち着いて」「大丈夫だよ」と声援。多治見吹奏楽部に協力した形で参加した土岐商業(土岐市)の吹奏楽部の加藤万...    
<記事全文を読む>