十九日に開幕する第八十九回選抜高校野球大会に出場する多治見高校は十四日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習し、球場特有の風や土のグラウンドの感触を確かめた。

 練習時間は出場校に三十分ずつ割り当てられており、多治見は十二時三十分に練習を開始。二十分以上を外野フライの捕球や本塁への返球など守備練習に割いた。高木裕一監督は「選手の表情が固いかなと思ったが、いつも通り練習してくれた。初めての球場でボールの見え方に慣れる必要があった」と練習の意図を説明した。

 エースの河地京太投手(三年)は、甲子園のマウンドに「踏み込んだ足がしっかり止まり、投げやすかった」と手応えをつかんだ様子。佐藤昂気主将...    
<記事全文を読む>