第89回選抜高校野球大会(19日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が10日、大阪市内で行われ、21世紀枠で初出場の多治見は大会第2日の20日、第2試合で3年ぶり21度目出場の報徳学園(兵庫)と対戦することが決まった。

 多治見の選手たちは対戦相手が決まると、午後3時ごろから兵庫県西宮市内のバッティングセンターで約1時間、打撃練習に汗を流し、初戦に向けて闘志をたぎらせていた。

 注目の古川中出身の根尾昂がいる大阪桐蔭は宇部鴻城(山口)と、県岐阜商高出身の鍛治舎巧監督が率い、3季連続出場の秀学館(熊本)は高田商(奈良)と対戦する。

 注目の強打者、清宮幸太郎を擁する早実(東京)は第...    
<記事全文を読む>