◆至学館5-6呉 甲子園初勝利の夢には、一歩届かなかった。十九日に開幕した第八十九回選抜高校野球大会。開会式直後の一回戦で、至学館は5-6で呉(広島)に敗れた。2点リードで九回を迎えたが、追い付かれ、延長十二回に勝ち越しを許した。秋の地方大会で見せたミラクルは甲子園では起こせず、初戦突破は果たせなかった。◆磨いた配球 手応えと悔い 井口捕手 八回までは手応えがあった。「配球はうまくいっていた」と井口敦太捕手(三年)。相手に7安打を許したが、要所で狙い球を外して打ち取り、リードを守っていた。

 配球は高校に入って、ずっと課題にして取り組んできたこと。中学でも捕手だったが、あまり考えて...    
<記事全文を読む>