スタンドのスコアボードには「1-3」と表示されていた。中京大中京と対戦した昨年秋の東海大会準決勝。九回裏2死で走者はなく、敗戦が濃厚に見えた。

 しかし、主砲の鎌倉裕人選手(三年)の耳には、盛り上がるベンチの声援が聞こえた。チームが負ける姿は想像できなかった。声に押されてか、強打した打球は相手二塁手の失策を誘った。

 次の井口敦太(あつひろ)捕手(三年)も死球で出塁。「相手が焦っている」。打席に立った新美涼介投手(三年)は前打席で多く投げられていた変化球に狙いを絞った。自信を持って振り抜いた打球は右中間へ。走者二人をかえした。続く中根健太選手(二年)も流れに乗り、適時打で逆転サヨナ...    
<記事全文を読む>