第89回選抜高校野球大会で初戦を突破した静岡の2回戦の相手が25日、大阪桐蔭に決まった。静岡ナインは同日午前、西宮市の甲子園球場で大阪桐蔭-宇部鴻城(山口)の試合を観戦した後、同市の鳴尾浜臨海公園野球場に移動し、約2時間の練習に打ち込んだ。

 大阪桐蔭は近畿大会4強の強豪。下級生に有望選手が多く、来夏の全国選手権第100回記念大会優勝を見据えている。栗林監督は「(相手は)個々の能力は高いが、バッテリーを中心に落ち着いてやるべきことをやれば勝負になる」と冷静に受け止める。

 静岡の守備は初戦で無失策。2回戦も相手に無駄な得点を与えないことが重要になる。外野の要、中堅前田は「大阪桐蔭は...    
<記事全文を読む>