1番村松が切り込み隊長の役目を果たした。観客の応援は部員10人で戦う不来方びいき。初回の相手の先取点に甲子園は沸き立った。だが、その裏、村松は中前打で先陣を切り、嫌な流れを断ち切ってみせた。

 「(敵地の雰囲気は)予想していたので落ち着いていた」。緩急の巧みな相手投手に対し最初はタイミングを合わせることを重視。「2打席目以降で打てればいい」と気負わず打席に入った。

 初回の安打で気が楽になると、その後も2四球、犠打でつなぎ、内野安打と盗塁で足も生かした。「次戦も先頭で出たい。さらに投手のレベルが上がるので、調整して臨む」と力強く語った。

...    
<記事全文を読む>