【大阪支社】第89回選抜高校野球大会に21世紀枠で初出場の不来方は23日、兵庫県尼崎市のベイコム球場で24日の静岡との初戦へ向け最終調整した。選手10人のチームは伸び伸びと練習し、甲子園でのプレーを心待ちにした。25日の2回戦に臨む盛岡大付も智弁学園(奈良)を想定した準備に余念がなかった。

 不来方はノックで体をほぐし、シート打撃を行った。エース小比類巻圭汰主将(3年)が調整を兼ねて登板。選手が打撃をすると守備がいなくなるため、帯同するOBやトレーナー、県高野連の佐々木明志事務局長も助っ人で守った。

 本番に向けフルスイングし、ヒット性の当たりを飛ばした。最後に左本塁打を放った小比...    
<記事全文を読む>