第89回選抜高校野球大会は21日、降雨のため第3日の1回戦3試合が順延になった。初戦が24日(午後2時開始予定)に変更となった静岡は21日、大阪府の大体大室内練習場でポジションごとに分かれ、守備や小技など限られたスペースでできる練習に取り組んだ。

 栗林監督は「順延もいい経験。選手の環境への順応も早くなっている」と気にしない。稲角も「日程が不規則になることはよくある。試合で力を出せるように準備するだけ」と落ち着いていた。秋の3番から7番に移り、上り調子の稲角。「やることはそれほど変わらないが、つなぎの意識は強い」とバント練習に熱が入った。

 内野の守備練習では大石部長の指導のもと、...    
<記事全文を読む>