19日開幕の第89回選抜高校野球大会に出場する静岡は16日、午前中の甲子園練習を終えた後、兵庫県西宮市の津門中央公園野球場に移動し約2時間、シートノックやフリー打撃で汗を流した。

 持ち味の思い切りの良さが出せていない主砲成瀬は、小田コーチのもとでティー打撃に取り組んだ。前日の練習試合の成瀬を「上体が前に出ていて力み過ぎ」と見た小田コーチは、基本に立ち返るべく徹底指導した。

 元ヤクルトの小田コーチが導入したのが、ヤクルトの山田らが取り組む多彩な種類のティー打撃。バットをたすき掛けに振り下ろしてから打つ方法や、真横や背面からのトスを打ち込むことで、体の軸のぶれ、肩の開きを修正する狙...    
<記事全文を読む>