第89回選抜高校野球大会(19日開幕、甲子園球場)に出場する本県の静岡ナインは13日午後、静岡市内の同校からバスでJR静岡駅に向かい、新幹線に乗って大阪市内の宿舎に入った。

 ナインは午前中授業を受け、午後は約2時間半の練習に取り組んだ後、制服に着替えてバスに乗り込んだ。栗林俊輔監督は「(初戦まで)日にちがあるので現地の生活に慣れ、実戦形式の練習を通して少しずつペースを上げていきたい」と見通しを語った。

 小柳廉主将は「ここから、という実感がある。甲子園でいろいろなチームの野球を見て今後に生かしたい」と楽しみにした。池谷蒼大投手も「やっと来たという感じ。計画通り調整できている。さら...    
<記事全文を読む>