19日に甲子園球場で開幕する第89回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が10日、大阪市内で行われ、2年ぶり16度目出場の静岡は大会第5日(23日)の第3試合(午後2時開始予定)で、21世紀枠の不来方(岩手)との対戦が決まった。

 選手10人の少数精鋭で注目を集めるチームに対し、栗林俊輔監督は「甲子園(の観客)が相手を後押しする雰囲気になると思う」と表情を引き締めた。

 静岡の小柳廉主将は「少人数で勝っているのは打撃がたけているからと聞いている」と印象を語り、「(相手の応援が多いという)逆境に負けず、まとまりを生かして自分たちの野球をやる」と静かに闘志を燃やした。

 初戦の日程は第5日...    
<記事全文を読む>