【カナロコスポーツ=佐藤 将人】就任2年目、2000年の選抜甲子園で優勝して首がつながった、東海大相模高・門馬監督。

 そこで一つ、心に決めたことがあった。「あくまでも横浜は横浜」 「やっぱり相模の野球は原貢の野球だと。門馬の色なんていらない。攻撃は最大の防御なり。やっぱり親父の野球こそが、相模の目指すべき野球なんだと」 それを深化、先鋭化させることが自らの使命だと誓った。常に一つ先の塁を狙う走塁、一歩でも前で捕る守備、投手の心をくじくような打撃。すべてのプレーに「攻撃的な」という形容詞を冠してこそ相模、という思いは今も変わらない。

 だからこそ、思う。

 「俺に言わせれば、監督が替...    
<記事全文を読む>