【カナロコスポーツ=佐藤 将人】平田新監督になって初めての夏に、横浜高校が本塁打の大会記録を塗り替えたのはもちろん、偶然ではない。振る力をつけさせ、振らせた。実にシンプルだが、横浜にあっては大変革と言ってよかった。消えた緻密さ? パワーに注力していけば、気になるのは野球の質も大味にならないかということだ。この点、長年「打倒横浜」「打倒渡辺」を掲げてきたライバルたちの意見はおおむね一致している。

 「野球自体は、以前ほどの緻密さはなくなった」 例えば昨年まで慶応を率い、エンジョイベースボールを掲げて2008年夏に甲子園ベスト8まで進んだ上田誠・現副部長はこう語る。「内外野のカバーリ...    
<記事全文を読む>