東海大福岡が逃げ切った。1点を追う三回に遠藤の走者一掃の三塁打で逆転。六回に6安打を集めて5点を奪った。4点差に迫られた八回には、失策で2点を加えて突き放した。安田は内外角を突く投球。終盤に疲れが見えて、反撃されたがしのいで完投した。早実は投手陣の制球が甘く、痛打を浴びた。打線は七回以降に7点を挙げて意地を見せた。

 終盤の猛追でスタンドを沸かせたが、勝利には届かなかった。「もうちょっと足りない部分があるのかな」。早実の清宮は得意の打撃戦で敗れ、悔しさをにじませた。期待されたアーチはかけられず、打点もゼロ。燃え尽きることなく2試合で甲子園を去る。

 一挙手一投足に注目が集まる主将。...    
<記事全文を読む>