早実が逆転勝ちした。2点を追う九回無死一、三塁から野田の三ゴロで1点差とし、2死満塁で野村が四球を選び追い付いた。十回は2死三塁から野田が決勝の中前適時打を放った。野田は3安打4打点の活躍。

 明徳義塾は一回に3点を奪って優位に試合を進め、投げては北本が緩急を有効に使った投球を見せていたが、終盤は制球に苦しんだ。

     ◇ あとアウト一つで敗戦という状況から追い付き、ひっくり返した。甲子園の空気を味方につけ、接戦をものにした早実。「球場の雰囲気を変える野球も自分たちの持ち味」。主将の清宮は、総力戦で手にした勝利に確かな手応えを口にした。終盤まで明徳義塾のペースで進んだ。流れが一...    
<記事全文を読む>