第89回選抜高校野球大会第5日は3月24日、甲子園球場で1回戦を行い、第2試合で明徳義塾は早稲田実業(東京)に延長戦の末、4―5で惜敗した。

  明徳は一回、2死満塁のチャンスに、今井が左前へ2点適時打して先制。近本も右翼線に落ちるタイムリー二塁打で続き、1点を加えた。二、七回に1点ずつをかえされ、1点差。明徳は八回に4番谷合が中堅左にソロ本塁打を打ち込み、追加点を挙げた。

 明徳先発の北本は要所を締めながらピンチをしのいでいたが、2点リードで迎えた九回に1点差に詰め寄られた後、2死一、二塁から早実の3番清宮、野村に連続四球を与え、同点に追いつかれた。

 延長十回、早実に1死から二塁...    
<記事全文を読む>