第89回選抜高校野球大会第5日は24日、西宮市の甲子園球場で1回戦があり、7年ぶり4度目出場の兵庫の神戸国際大付は、東海大福岡(福岡)に1-2で九回サヨナラ負けを喫し、4強入りした2005年以来、12年ぶりの甲子園大会白星はならなかった。

 神戸国際大付は二回2死二塁から荒木恵亮一塁手の左前打で先制したが、三回に同点とされた。九回は、1死一、二塁の場面で併殺を狙ったプレーが悪送球となり、決勝点を許した。エース左腕黒田倭人投手は五回以降無安打に抑えたが、報われなかった。

 第2試合は強打者の清宮幸太郎一塁手を擁する早実(東京)と、明徳義塾(高知)が対戦し5ー4で早実が勝利した。(山本...    
<記事全文を読む>