19日開幕の第89回選抜高校野球大会(甲子園)に出場する早実(東京)が7日、東京都八王子市内のグラウンドで練習を公開し、高校屈指の強打者として注目される主将の清宮幸太郎は「甲子園の歓声は楽しみ。優勝候補と取り上げられるが、一戦必勝で臨みたい」と闘志を燃やした。

 チームはノックやフリー打撃などで調整した。清宮は鋭いスイングで何本も柵越え。好調さを感じさせる快音を響かせた。自身にとって2本塁打を放ち、4強入りした1年生の夏以来となる聖地の舞台。「甲子園は子どものころからテレビで観戦し、野球を始めた原点。いつも通り、楽しんでプレーしたい」と自然体を強調した。

 エース王貞治さんを擁し、...    
<記事全文を読む>