望洋ナイン“聖地”を行進-。第89回選抜高校野球大会は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。

 早朝から4万4千人のファンがスタンドに詰め掛けた。開会式では星野源さんの入場行進曲「恋」に合わせ、前回優勝校の智弁学園(奈良)を先頭に出場32校が南から北の順に行進。7年ぶり2度目出場の東海大市原望洋は25番目に登場し、堂々と春の聖地を歩いた。検見川の鈴木崚汰さんらが司会を務めた。

 作新学院(栃木)の添田真聖主将は「支えてくれる地域の方々への感謝を忘れず戦います」と力強く選手宣誓を行った。

 大会は準々決勝翌日の休養日を含めて12日間の日程で、順調に試合が消化されれば、30日に決勝...    
<記事全文を読む>