第89回選抜高校野球大会が19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。7年ぶり2回目の出場となる東海大市原望洋(市原市)は大会3日目の21日、第2試合で滋賀学園(滋賀県)と対戦する。初戦を前に東海大市原望洋・和田健次郎監督(35)と滋賀学園・山口達也監督(45)に試合展望などを聞いた。

 (山口登史) -チーム状態と鍵となる選手は。

 和田監督 状態はすごく上がってきており、良い緊張感を持ちながら試合を迎えられそうだ。鍵はバッテリーとなる。

 山口監督 けが人なく開幕を迎えられそうだ。こちらも、捕手の後藤(克基)選手と投手陣が鍵。

 -相手チームの印象や警戒する選手は。

 和田監督 昨春...    
<記事全文を読む>