「ナイスボール!」。活気あふれる声を響かせ、キャッチボールの距離を広げていく。どこにでもある野球部の光景だが、声が野太くない。秀明八千代には、女子のチームがある。

 昨年4月に県内初の女子硬式野球部としてスタートしたばかり。「千葉県で女子野球をやっている子が多い」(堀江大典監督)。もともと、中高一貫の同校で中学の軟式野球部を指導していて、そう感じていた。

 一方で、女子が高校で野球に打ち込む環境は厳しい。中学校までは男子に交じってできたが、公式戦出場が認められていない。全国高校女子硬式野球連盟に加盟している学校が23校にとどまるなどチームは少なく、高校でソフトボールに移行する選手も...    
<記事全文を読む>